ウォレットアプリ「Kyash」を凍結されて復活した話

 こんにちは。おもにゲームブログを名乗っている割に突然リアルマネーな話をしていきなりコイツ何言ってんの感が強いですが、私自身が大変困ってググったけどたいした情報が無かったので備忘録程度に書き留めて置いたら誰かが得するかもしれない、と思うので書くことにしました。どっちかっていうとライフハックみたいなエントリです。何卒お付き合いください。

 さて、皆さんは電子マネーやキャッシュレス決済を使ってますでしょうか。SuicaやWAONや楽天Edyとか登場から10年以上たっても抜群の安定感を誇るFelica陣営と、LINEPayやPayPayやAlipayなどのスマホがあればオッケーなQR/バーコード陣営との二極化していてどこが覇権を握るのか混とんを極めている今日この頃ですね。そして、私ちばめは「Kyash」というウォレットアプリを愛用しています。まだまだマイナーなのでご存じない方がほとんどだと思うのですが、ものくそ便利でお得です。Kyashのポイント還元とその便利さについてはGoogle先生あたりから探していただくといくらでもザクザク詳しい記事が出てくるので割愛します。


 そんでもって、今日はこの「Kyash」を使ってたら凍結されて利用停止となって結果的には復活した話です。

 概況としては以下の通りです。

  • ちばめ(筆者)は同僚4名とともに車で小旅行に出かけた。
  • ちばめと同僚Aは日頃よりKyashを愛用していて、リアルカード決済や個人間送金を利用していた。
  • なので、旅行費用についてKyashを利用した明朗会計としたく、同僚B、同僚Cと同僚DにKyash新規登録(バーチャルカード発行)をお願いして、旅行の割り勘一切をKyashで行おうと計画した。
  • ちばめ、同僚Aと同僚Bはクレカ決済派なので、手持ちのVISAカードを自動チャージ設定して使用。
  • 同僚Cと同僚Dは現金派であるため、現金をチャージして使用。
  • 飲食費などVISAが使える店では、ちばめのKyashリアルカードで決済→Kyashアプリで請求し個人間送金を受けていた。
  • VISAの使えない店では、ちばめが現金を支払い割り勘相当額をKyashアプリで請求し個人間送金を受けていた。
  • 合計で店舗5軒と交通費3回分を、その都度Kyashで請求作成→送金を受けていたため、合計8件x4人=32回+α回程度の個人間送金と、4回店舗決済を行ったところで、「アカウント利用制限」となり一切の操作ができなくなった。

2019-03-05 12.23.34.png

 というわけで、さすがに焦った。すぐ改めて利用規約を確認したけれど、個人間送金を行うことに関しての目的や回数の制約についても記載はない(マネーロンダリングは禁止と表記)し、一日の利用上限金額や回数についても、アカウント単位の決済上限は明記されているものの、個人間送金はいくらとかそういう制約も記載はない。

 なによりも、アプリを起動するとこんな画面が出るだけで、現在残高も見えないし凍結された理由もわからないし、問い合わせ先はこの画面を一番下までスクロールすると出てくるリンクをタップすると、問合せ共通の汎用フォームしかない(電話サポートはもちろん凍結案件専用フォームすらない)。これ、消費者センターもワンチャンあるやつか???と思うまでに至った。


 で、どうしようもないので即日メールフォームからまず速報がてら問い合わせ。「現在旅行中で割り勘をKyashで行っているよ、だから個人間送金が多いよ」とざっくり送信。とりあえず、問い合わせは正常に送信されましたよ、と自動返信が返ってくる。その日は終了。

 問い合わせ2日目、「昨日のメールざっくりすぎたんじゃね?経緯ちゃんと説明したほうがいいかな」という気になり、再度決済のシチュエーションと送金を繰り返した理由を説明。利用した店舗や個人間送金に使用したアカウントについてなどを述べ、これだけ言っとけば前回送った激短いメールよりはマシか、と思い送信して2日目は終了。

 3日目、4日目、5日目と経つが何も返信無し。サポートそもそも人おるんかほんとに。という気がしてくる。

 6日目。テンプレ返信が届く。「本名じゃない名前」とかいうフランクな表現が気になる。

> 回答までお待たせしており申し訳ございません。
> 現在、この度のご利用制限に関し調査を行なっております。
>
> アカウント制限に関するお問い合わせの場合、セキュリティ上の問題の為、
> 調査・回答に3週間前後頂戴することがございます。
> お待たせし申し訳ございませんが、お客さまのアカウントの安全の為の措置でございます。
> 予めご了承くださいませ。
>
> *制限がかかる理由について*
> ・自分用に複数のアカウントを作成してしまった
> ・代理で自分以外の人のアカウントを作成してしまった
> ・1つの端末で複数のアカウントの作成またはログインを行なってしまった
> ・自分以外の人のカードを登録してしまった
> ・限度額以上の送金を行なってしまった
> ・本名じゃない名前で登録してしまった
> ・規約に反する使い方をしてしまった
>
> 上記に当てはまらない場合も、お客さまのアカウントの安全の為に
> 制限をおかけしている事もございます。
>
> お待ち頂く間、こちらの利用ガイドもご参照ください。
> https://support.kyash.co/hc/ja

 7日目、さらに上記と同じ内容のテンプレ返信が重複して届く。こっちが1日後に2通送ったからむこうもそういうことなのか。

 8日目、これはもう最長といいつつ普通に3週間とかかかるパターンかもしれない。1ヶ月過ぎても何もなかったら消費者センターとか相談すべきだろうかと考える。

 9日目、ようやく返信が届く。

> お問い合わせありがとうございます。
>
> セキュリティ上の問題の為、調査にお時間を頂戴しており申し訳ございません。
>
> 今回、30回以上の決済が短期間内で行われていた為、
> セキュリティシステムが異常決済と判断し制限がかかっておりました。
>
> アカウントの安全を確認し、ご利用制限を解除いたしましたので、ご利用の際はログインをお願い致します。
> https://support.kyash.co/hc/ja/articles/115004806288-ログイン方法
>
> 弊社では健全な運営に努めております。
> お客さまの安全の為の措置でございましたこと、何卒ご了承下さい。
>
> 宜しくお願い致します。
> Kyash運営チーム

 というわけで凍結発生・問合せ開始から9日で復活しました。

 Kyashというアプリは便利だしお得だし、バックボーンも電通と伊藤忠とSMBCなんでそこそこ安心して使ってますけど、運営は少人数でパンクし気味な感じがする出来事でした。

 まあ、なにかあった際のサポートには現状、あまり期待できないかなあと思いますが、とりあえず自動で異常決済とみなして凍結するシステム組んでるんなら、ある程度そういうことすると凍結しちゃうぜハハッくらいのこと書いといてくれたら1日分まとめて割り勘したよ......と思います。

 とりあえず、そういう感じで凍結された方が他にいたらとにかく問合せして10日くらい待ってみてください。そのほかのKyashユーザーは、できる限り個人間送金はまとめてやろうな!!遠回しにサーバーに負担かけるな!!って言われてるとおれはかんじた。すみませんでした。

 Kyash、それでも使い続ける?と言われると、やっぱりYESとなるんですよね。LINEPayと違ってクレカで決済できるし、PayPayと違ってVISA加盟店で決済できるからなので......ちょっと運営がシビアな気もしますが、利用規約に触れないよう気を付けて使おうと思います。Androidpayには対応したけど、ApplePayに対応してほしい。FelicaでKyash切れたらどんなにいいことか。結果的には文句垂れてますがKyashに成長してもらって日本でポピュラーな個人間送金可能なウォレットアプリになってほしい!ので、運営さんがんばってください!!(投げやりな結び)